住みやすい人情のある街

葛飾区は水と緑豊かな心ふれあう住みよいまちを目指して、都市計画マスタープランを作成しています。その内容は住みやすく安全な人情のある街かつしかを実現させるというものです。つまり地球環境や社会の劇的な変化に伴って、対応するまちづくりを計画しています。まず大きな問題として地球温暖化対策のために二酸化炭素の排出を減らす社会を目指すことです。次に少子高齢化社会という社会構造の変化に伴うまちづくりを行っていく必要があります。また首都圏直下型地震の確立が高まる中、いかに対応するかもし地震が起きた場合の情報の提供や避難計画など定めていきます。それから市街地の歴史や文化や景観などの保存や自然環境の向上など、質の高いまちづくりを行っていきます。そして具体的な都市計画として災害に強いまちづくりは住宅の耐震性を上げたり火災や水害発生時の避難場所の設置などを計画しています。また葛飾区では高齢者の人口の増えていて逆に青少年の人口の減少が続いています。そのため高齢者が住みやすい街、子育て支援や子供が安全で楽しめるまちづくりを行っていきます。また世代をこえて交流できることができる街を目指しています。それから地球温暖化対策としては、鉄道や自転車や歩きなどを推奨し、二酸化炭素の排出削減に取り組んでいます。さらに葛飾区では歴史的建造物や文化を保全し、景観の素晴らしいまちづくりを行っていきます。

新着記事リスト